So-net無料ブログ作成

『スプリング -春へ-』 [中東映画]


 『The Spring』 (1985・イラン)
 ■監督:アボルファズル・ジャリリ
 ■撮影:メヒディ・ヘサビ
 ■音楽:モハマド=レザ・アリゴリ
 ■キャスト:メヒディ・アサディ ヘダヤトラ・ナビド






さてさて、イラン映画。
監督は、『少年と砂漠のカフェ』で有名なアボルファズル・ジャリリさん。

端的にいうと、戦争で田舎へ疎開してきた少年と、そこに住む奥さんに先立たれたおじいさんとのお話で、イラン映画にしてはストーリー展開が早いし、イラン映画が苦手な人も退屈しないで楽しめます。

感想はですねぇ…なかなか切なくなりました。おじいさんは森の中でつらい冬を一人で過ごすのがきついので、ふいにやって来た少年に春までいて欲しいのですが、少年は両親の元に一刻も早く帰りたい。そんなある日、少年が風邪をひいてしまったことをきっかけに、おじいさんは子供を帰してあげる決心をする…。おじいさん一人じゃ何だかんだいっても寂しいですよね。子供もいてやればいいのに、って思うんですが、まぁ子供も両親の元に戻りたいでしょうし。仕方ないですね。

改めて思ったことは、冬ってきついよなぁ、ってこと。これも舞台が冬の地だから切なさがより伝わってきたのであって、常夏の地だったらここまで切なくはならないはず。

音楽がややしつこかったのが残念。

『スプリング 春へ』公式ページ

【勝手に採点:★★★★★★☆☆☆☆】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。