So-net無料ブログ作成
検索選択

『博士の異常な愛情』 [米国映画]



 『Dr Strangelove, or how I learned to stop worrying and love the bomb』 (1964・アメリカイギリス
 ■監督:スタンリーキューブリック
 ■撮影:ギルバートジョージ
 ■音楽ローリー・ジョンソン
 ■キャスト:ピーター・セラーズ ジョージ・C・スコット スターリング・ヘイドン キーナン・ウィン




アメリカとソ連による冷戦時代に、キューブリックが放ったブラックユーモア作品です。
人間の狂気を中心に据えて、膨大な力(核兵器)を握ってしまった人間が如何なる行動を取るかが描かれています。

いやぁ、なかなか痛快でした。先に軍部が勝手な行動を取り、それを大統領ら政治家たちが食い止めようとするのですが、それも上手くいかず・・・。アメリカでは軍部が非常に力を持っているんですよね。キューバ危機のときも、軍部は戦争に乗り気だったといいますし。政治家も頭が痛いでしょうね(笑)。

軍部の主張は、ソ連の勝手な行動を放置しておいたら世界中が共産化してしまう、という被害妄想のたまもので、先日見たヴェンダースの『Land Of Plenty』と共通するところがありました。強大な権力を持つものには、いつ手にした権力を失うかもしれない、といった種の悩みはつき物ですからね。定めといえばそれまでなのでしょうけれど。

何はともあれ、一人の人間の狂気によって世界が滅びる、という話は怖いですね。映画自体はユーモアたっぷりに描かれているので、十分楽しめましたよ~。

【勝手に採点:★★★★★★☆☆☆☆】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。