So-net無料ブログ作成

『プロミス』 [中東映画]




 『promise』 (2001・アメリカ)
 ■監督:ジャスティーン・サピロ B.Z.ゴールドバーグ カルロス・ボラド
 ■撮影:ヨーラム・ミロ イラン・ブックビンダー
 ■キャスト:ヤルコ ダニエル マハムード シュロモ サナベル ファラジ モイセ




さてさて、今回は僕の個人的にお気に入りの映画、プロミス。
テーマは、残念ながら今でも連日悪いニュースに登場してしまうイスラエルとパレスチナ。

僕はおととしの冬に中東を訪れたのですが(シリアとヨルダン)、この辺でもイスラエル問題に触れました。例えばみなさん、パスポートにイスラエルの入国スタンプが残っていると、シリアに入れないのって知ってました?それくらいこの辺の地域は現在でもピリピリしてるんですよね。

それでは本題。この映画では、イスラエルに住む普通の子供たちと、パレスチナ側(ウェストバンクだったかな?)に住む普通の子供たちとの交流(監督のゴールドバンク氏を通してお互いの写真を見せたりして、お互い興味を持たせるようにして一日遊ばせるまで)を描いています。

「今までイスラエル人に私達パレスチナ人の境遇を説明した子どもがいる?いないでしょ」
映画の中で、複雑な心境を抱えて逢うのを拒んでいたパレスチナの男の子に対して友達の女の子が言ったセリフです。これが何よりも大事なことだと僕は思います。それは言葉を用いて説明、対話すること。それが問題解決の第一歩であり、なお且つ最終手段であると強く感じていますから。まぁどっかから「何甘いこと言ってんだ」って声が聞こえてきそうですが、最終的にはこれしか解決策はないのでは?と、それを改めて認識させてくれる良い映画でした。

『プロミス』 公式ページ

【勝手に採点:★★★★★★★★★☆】


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ETCマンツーマン英会話

>それは言葉を用いて説明、対話すること。

対話、とても大切なことですね。

>まぁどっかから「何甘いこと言ってんだ」って声が聞こえてきそうですが、最終的にはこれしか解決策はないのでは?

おっしゃるとおりだと思います。武器を使って解決など決してできないのだと思います。

素晴らしい作品との出会いに感謝です。
by ETCマンツーマン英会話 (2014-08-05 00:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。