So-net無料ブログ作成
検索選択

大河のうた [アジア映画 【その他】]



 『大河のうた』 (1956・インド)
 ■監督:サタジッドレイ
 ■撮影:スプラタ・ミットラ
 ■音楽:ラヴィ・シャンカール
 ■キャスト:ピナキ・セン・グプタ スマラン・ゴーシャル コルナ・バナルジー




以前からこの監督の名前は知っていて、本当は『大地のうた』という作品を見たかったのです。しかしその作品は僕が愛用しているレンタルビデオ屋さんには置いていませんでした。そこで先日たまたまこの作品を見つけたので、早速借りて先日見てみました。内容は、なかなか良かったです。が、それからネットでちらちらこの映画の情報を見ているときに、衝撃的な(というほどでも無いのですが)ことに気付きました。

どうやら『大河のうた』は『大地のうた』の続きらしい。

ということでやや後悔しましたが、これにめげずいつか『大地のうた』を見ようと思ったのであります。さて、長い前置きはこの辺にして本編に。

僕はインドが好きで今まで3回訪れているのですが、こういうインド映画もあるのか、と新鮮でした。僕は現地で数回映画館へ足を運びましたが、そのほとんどが『踊るマハラジャ』みたいな美男美女が踊って歌う(しかも異様に長い)映画なのです。まぁインドの映画館で見ている分には楽しいのですが(インド人は、きれいな女優さんが出てくると口笛をならしたり、拍手したりするんですよ(映画館で!)、それを見ていて楽しいってこと)、それ以外で見ても絶対面白くないんですね(笑)。ですのでこういう所謂「普通の」映画を見たことなかったのです。

優秀な成績で高校を卒業し、未来への希望を胸に抱えて都会へ向かうオプー。それに対して、息子に平凡な僧でもいいから、田舎で一緒に暮らすことを望んでいる母親。移動の自由(土地・階級)のある現代では、万国共通のテーマであると思います。若者は都会へ行きたがり、親はそれに反対して手元に置こうとする。映像と音楽がなかなか良いので(あまり派手ではないので、安心して見ていられる)、見応えありの作品となっています。他のも見てみよう。

【勝手に採点:★★★★★☆☆☆☆☆】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。