So-net無料ブログ作成
日本映画 ブログトップ

『シベリア超特急』 [日本映画]




 『シベリア超特急』 (1996・日本)
 ■監督:MIKE MIZNO
 ■撮影:安藤庄平
 ■音楽:塚本達朗
 ■キャスト:かたせ梨乃 菊池孝典 アガタ・モレシャン シェニー・スェニー 水野晴郎




ギャーー!!

周りからの親切な忠告(役者の演技が酷過ぎる、ストーリーが意図不明、1時間半を返せ、おれの青春を返せなど)をなんとか振り切って、遂に悪名高き「シベ超」を見てしまいました。もう後戻りは出来ません。

このレビューを書く時間すら勿体無い気がしますが(笑)、せっかくなので書きます。もうとにかくすごい。つっこみどころがありすぎて、何をつっこめばいいのかがよく分からなくなるほど。皆さん一応演技をしているつもりなのでしょうが、基本的にセリフは全て秒読み。そして水野氏クラスになると、明らかにカンペを読んでいる(笑)。「大根役者」って言葉がありますが、大根だってもっと巧く演技するだろうに。しかもこれだけでもすごいのに、他にも色々すごい。もうとにかくすごい。ボクワカラナイ。

やや興奮した文章になりましたが、この映画ばっかりはいくら書いても真実は伝わりません。観てのお楽しみです。ただしその時間を他のことに当てた方が、より有意義な時間になることだけは忠告しておきます。

「いやぁ、映画って本当にいいものですね」

水野晴郎氏 公式サイト

【勝手に採点:採点不可】


『ディスタンス』 [日本映画]




 『DISTANCE』 (2001・日本)
 ■監督:是枝裕和
 ■撮影:山崎裕
 ■音楽:なし
 ■キャスト:ARATA 伊勢谷友介 寺島進 夏川結衣 浅野忠信





この映画は、無差別殺人事件を犯したカルト教団の親族である男女4人とその教団の元信者が、ふとしたことから同じロッジに泊まることになり、そこでの一日の様子を描いたものです。笑えるシーンはほとんど無く、淡々と時間が流れていきます。

音楽は一切使われていません(エンドロールでもなし)。それはきっと、ほとんどの撮影が山奥の小屋で行われているため自然の音を活かそう、とすると同時に視聴者が画面の一部に含まれているような印象を受けることが出来るようにだと思います。また演技も自然で(あまり台詞はなかったらしいです)、僕はいつのまにか彼らに親近感を感じるようになってました。きっとまんまと是枝氏の罠にかかったのでしょう。

今までの映画だと(僕が知らないだけかもしれませんが)、「加害者の家族」を中心に据えた映画って少なかった気がします。当然加害者は一人で生まれてくるわけではないですから、加害者の数以上に「加害者の家族」はいるわけですよね。そこにスポットを当てて、さらにその複雑な心境をよく描いていました。

この映画はさらに「遊び」の要素も含まれています(それはより深い悲劇なのですが、これから見る方のために伏せて置きます)。正直見終わってから5分くらい気付かなかったのですが(バカですね)、なかなか上手に随所随所に手がかりを挿入しています。これからご覧になる方は、その点も楽しんで見てくださいね。途中で気付いた方がいたら、かなり鋭いと思いますよ~。

『DISTANCE』 公式ペ-ジ

【勝手に採点:★★★★★★★★★☆】


日本映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。